消滅時効とは

| 未分類 |

相続回復請求権とは、本来相続の権利が無いのにもかかわらず、実際には財産などを相続してしまった人に対して、真正の相続人が自身の相続分を侵害されたとして、相続財産の返還を請求できる権利のことをいいます。これはたとえば詐欺などにより不正に養子となって相続権を得た者や、相続欠格者、あるいは被相続人が相続する権利が無いとして排除した者が財産等を相続してしまったケースを想定しており、このような場合に真正の相続人の権利を保護するためにこのような権利が法律によって定められているのです。
ただしこの相続回復請求権についても消滅時効が適用されます。時効とは法律的な関係性を安定させるために設けられている制度で、さまざまな請求権について適用されており、権利があるのにもかかわらず行使しなかった場合には、権利そのものを失ってしまうことになるのです。
相続回復請求権については、相続人またはその法定代理人が相続権が侵害された事実を知った時から、5年のうちに権利を行使しなければ、時効によりその権利を失うとされています。また法律では相続開始より20年が経過すれば、相続権が侵害されていることを知っていたか否かに関わらず、相続回復請求権を失うと定められていますが、これについては正当な法定相続人による侵害の場合には、共同相続人の相続回復請求権は消滅しないという最高裁の判例も存在します。