法律によってその資格が定められている相続人のことを、法定相続人といいます。相続に関しては特別な権利を持っています。たとえば被相続人の子供などがそれにあたり、遺言書によってどのように指示されていようと、遺留分という名目で一定の相続分が保証されています。
しかし法定相続人であっても、自分だけが不当な利益を得ようとして不正な行為をしたり、あるいはしようと試みた場合にはその資格を失ってしまいます。このような者を相続欠格者と呼んでいます。欠格者になると、受遺者の資格もなくなりますので遺贈を受けることもきません。ただ、欠格者の子供が代襲相続をすることはできるようになっています。
具体的にどのような場合に欠格者となるのでしょうか。およそ以下の5点の行為が該当します。
1.故意に被相続人を殺してしまうこと、並びにその相続人を殺してしまうこと。
2.被相続人が殺されたことを知っていたのに、告訴も告発もせずに見逃していること。
3.脅迫や詐欺によって、被相続人が遺言を作成することを妨害するなどした場合。
4.脅迫や詐欺によって、被相続人が作成する遺言書を自分に有利なものにするよう誘導した場合。
5.被相続人が作成した遺言を、偽造したり変造したりした場合。
どれも、相続人の資格を失うに当然の行為だと言えましょう。