表見相続人というのは、戸籍簿に載っている見た目からすれば、たしかに相続権があるようになってはいるものの、実際には相続をする資格がないような人のことを指しています。
これに該当するケースというのはさまざまなものが考えられますが、例えば、被相続人が相続廃除をしていたというのも理由になります。
相続廃除というのは、相続人となるべき人物が、生前に被相続人を虐待していたり、あるいは遊興にふけって生活を顧みないといった場合に、家庭裁判所に申立てをして、財産を相続する権利を剥奪してしまうことをいいます。
相続権が剥奪されたという事実は、普通であれば戸籍の身分事項欄に記載がされますが、遺言によって相続廃除をするということもないわけではありません。
また、偽装結婚に近いようなケースで、本来は他人の子供であるのにもかかわらず、被相続人の子供として出生の届出がなされ、戸籍のなかに載ってしまっているとか、同様に認知届が出されているということもあり得ます。
さらに、被相続人と養子縁組をしたものの、その後に関係が悪化して離縁され、関係がなくなったにもかかわらず、相続人としてふるまっているというケースもあります。
このようなことで本来の相続人が相続権を侵害された場合については、民法に定める相続回復請求権によって、財産を取り戻すことが認められています。