タイヤを長く使うために

自動車のタイヤは使えば使うほど溝が減ったりゴムが劣化して本来のグリップ力などを発揮できなくなってしまいます。そのことは仕方が無いことではありますが、使っていないタイヤも毎日使用しているタイヤに比べればゆっくりとはいえ劣化してしまうので、使わないタイヤは正しい方法で保管しないといざという時使い物にならなくなってしまいます。特にスタッドレスタイヤは冬にしか使わない上、地域によってはそれこそ数年に一度しか使われないので、中には何年も保管しっぱなしという方も多いので、タイヤを長く使うためにも保管方法は良く考えるようにしましょう。
家族02                                                             

スタッドレスタイヤは夏用ゴムよりも強いグリップ性能を持たせるために様々な素材を活用していますが、その分夏用タイヤよりも周辺の環境に影響されやすいといいます。特に直射日光はスタッドレスタイヤのゴムの硬化を早めてしまう効果があるので、日に当たる場所に保管しておくとあっという間にゴムが劣化してしまいます。なので保管の際は直射日光を避けるだけでも相当長く保管することが出来るようになるので、保管の際は注意してください。最近はタイヤの保管サービスを行っているタイヤショップもあるそうなので良い保管場所が無いという方はそちらを利用してみるのも良いでしょう。